ab.com コミュニティ

ActiveBasicを通したコミュニケーション
前回の訪問日時: 2019年1月22日(火) 12:45 現在時刻 - 2019年1月22日(火) 12:45

All times are UTC+09:00




 [ 4 件の記事 ] 
作成者 メッセージ
 記事の件名: 入力時に
投稿記事Posted: 2007年11月24日(土) 18:56 
分かりやすく整列させるといいと思います。

endif → End If
dim → Dim
gettickcount() → GetTickCount()
sleep → Sleep
みたいに関数などを入力するときに自動的に整理させるようにすればいいと思います。Sleepなどは最初のSが大文字じゃないといけないので自動で整理すればらくだと思います


ページトップ
   
 
 記事の件名:
投稿記事Posted: 2007年11月24日(土) 21:55 
オフライン

登録日時: 2005年7月25日(月) 13:27
記事: 893
住所: 埼玉県東松山市
僕は、エディタは入力したとおりに入力されればいいと思っているので必要だとは思いませんが・・・。


それぞれ
コード:
Declare Sub sleep Lib "kernel32" Alias "Sleep" (dwMilliseconds As DWord)
Declare Function gettickcount Lib "kernel32"  Alias "GetTickCount" () As DWord
と宣言しておくと、小文字の場合に認識するようになります。推奨はしません。

小文字を変換しない理由は、例えばActiveBasicでは次のような表記が認められています。
コード:
#console
Function Test_aa(n As Long) As Long
    Test_a=n+1
End Function

Function Test_AA(n As Long) As Long
    Test_a=n+2
End Function

Dim Test_Aa(10) As Long

Print Test_Aa(1)'配列
Print Test_aa(1)'関数
Print Test_AA(1)'関数

Sleep(-1)
このような場合は逆に勝手に変換されると困るわけです。

#これを解消するいくつかの(3つかそこらの)案が浮かんでくるわけですが、
#実装するとなると速度面で難点があったり、あるいは単に難しかったりするわけです。
#(簡単なら、僕なら勝手に実装してもらいますが。)

_________________
Website→http://web1.nazca.co.jp/himajinn13sei/top.html
ここ以外の場所では「暇人13世」というHNを主として使用。

に署名を書き換えて欲しいと言われたので暇だしやってみるテスト。


ページトップ
   
 
 記事の件名:
投稿記事Posted: 2007年11月24日(土) 23:47 
オフライン

登録日時: 2005年5月31日(火) 17:59
記事: 899
住所: 東京都
DimやEnd Ifのような言語のキーワードは,自分もエディタで補正が欲しいです。
実は,End IfやElseなど複数行ブロックを閉じるステートメントに限られますが,AB5のエディタで既にペアステートメント補間として部分的に実現されています。

それ以外の識別子(関数,変数,クラスなど)は現在のメンウマ補完のようなものがメンば以外一般に使えるようになればと思います。


ページトップ
   
 
 記事の件名: Re: 入力時に
投稿記事Posted: 2017年12月26日(火) 20:37 
オフライン

登録日時: 2006年2月05日(日) 17:10
記事: 197
住所: 東京都
私は可能な限り大文字(dim → DIM)でコーディングするので(dim → Dim)といった自動補正は不要だと思っています。
しかしオプション(表示→オプション)で「自動補正/従来どおり」の切り替えができるならば実装してもよいと思います。
2017/12/29修正


ページトップ
   
 
 [ 4 件の記事 ] 

All times are UTC+09:00


オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: CCBot & ゲスト[0人]


トピック投稿: 不可
返信投稿: 不可
記事編集: 不可
記事削除: 不可
ファイル添付: 不可

ページ移動:  
Powered by phpBB® Forum Software © phpBB Limited
Japanese translation principally by KONISHI Yohsuke