ab.com コミュニティ

ActiveBasicを通したコミュニケーション
現在時刻 - 2017年9月21日(木) 08:46

All times are UTC+09:00




新しいトピックを投稿する  トピックへ返信する  [ 1 件の記事 ] 
作成者 メッセージ
投稿記事Posted: 2006年11月18日(土) 20:40 
 以前から何度も話題になっていましたが、なかなか しっくりこないので作成してみました。
 皆様のトピックを参考にさせて頂いています。ありがとうございます。
 以前トピックにあった程度のファイルサイズでのテスト結果は次の通りです。
    ・112KB 3186行で 0.8秒
    ・422KB 9600行で 3.4秒
 (Pentium4 2.53GHz メモリ512MB WindowsXP Home でテスト)

 不具合やお気づきの点がありましたら、ぜひ教えてください。
 少し長くなりますがコードは次の通りです。
コード:
'■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
'「LineInput #」 エミュレート ライブラリ RPLineInput.sbp  by るっとパパ  V1.00  06/11/18
'----------使用方法------------------------------------------------------------
'===準備===
'1. このファイルをプロジェクトフォルダに置く
'2. #include "RPLineInput.sbp"    --- ライブラリの読込み(「TODO:」部分等に記述)
'===活用=== nは1~4、ファイル名,任意変数はString型
'3. ファイルオープン
'   RPLIOpen(n,ファイル名)            --- n       :ファイル番号 1~4 (変数不可)
'                                     ファイル名  :String型で指定
'                                               (プロジェクトフォルダ外ならフルパスで)
'4. 一行読込み
'   RPLineInput(n,任意変数)       --- n       :ファイル番号 1~4
'                                     任意変数:String型で指定(1行分が格納される)
'                                     戻り値  :0:ファイル終端  1:終端以外
'5. ファイルクローズ
'   RPLIClose(n)                  --- n       :ファイル番号 1~4
'----------注意事項------------------------------------------------------------
'1. 一度に扱えるファイル数は 4個までです。(下記 RPMaxFiles の値(変更可))
'2. 親ウィンドウのハンドルは hMainWnd になっています。
'3. エラー時はプログラムを終了するようになっています。
'4. ファイルをメモリに読込みますので、サイズによっては動作がおかしくなるかもしれません。
'■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Const RPMaxFiles               =  4        '同時に扱えるファイル数
Dim   RPFData(RPMaxFiles)      As BytePtr  'ファイル格納用
Dim   RPFSize(RPMaxFiles)      As DWord    'ファイルサイズ
Dim   RPFPointer(RPMaxFiles)   As Long     'ファイルポインター
Dim   RPLIOpenChk(RPMaxFiles)  As Long     '使用中のチェック
'■■■■■ RPLIOpen() ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
'ファイルオープン
Sub RPLIOpen(hID As Long,InFile As String)
	Dim FilePath[MAX_PATH] As Byte
	Dim hFile              As HANDLE
	Dim RBytes             As Long
	Dim RF                 As Long
	'使用中のチェック
	If RPLIOpenChk(hID)=1 Then
		RPLIErr("RPLIOpen("+Str$(hID)+",*) 使用中!","RPLIOpen")
		Exit Sub
	End If
	'ファイルオープン
	lstrcpy(FilePath,InFile)
	hFile=CreateFile(FilePath,GENERIC_READ,0,ByVal 0,OPEN_EXISTING,FILE_ATTRIBUTE_NORMAL,0)
	If hFile=INVALID_HANDLE_VALUE Then
		RPLIErr("RPLIOpen("+Str$(hID)+",*) オープン失敗!","RPLIOpen")
		Exit Sub
	End If
	'入力ファイルの読込み
	RPFSize(hID)=GetFileSize(hFile,NULL)
	RPFData(hID)=HeapAlloc(GetProcessHeap(),HEAP_ZERO_MEMORY,RPFSize(hID)+1)
	RF          =ReadFile(hFile,RPFData(hID),RPFSize(hID),VarPtr(RBytes),ByVal 0)
	If RF=FALSE Then
		CloseHandle(hFile)
		HeapFree(GetProcessHeap(),0,RPFData(hID))
		RPLIErr("RPLIOpen("+Str$(hID)+",*) 読込み失敗!","RPLIOpen")
		Exit Sub
	End If
	CloseHandle(hFile)
	'正常オープン処理
	RPFPointer(hID) =1
	RPLIOpenChk(hID)=1
End Sub
'■■■■■ RPLIClose()■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Sub RPLIClose(hID As Long)
	'オープンしているかチェック
	If RPLIOpenChk(hID)=0 Then
		RPLIErr("RPLIOpen("+Str$(hID)+",*) していません!","RPLIClose")
		Exit Sub
	End If
	'クローズ処理
	HeapFree(GetProcessHeap(),0,RPFData(hID))
	RPLIOpenChk(hID)=0
End Sub
'■■■■■ RPLineInput()■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Function RPLineInput(hID As Long,ByRef RPLine As String) As Long
	Dim I         As Long
	Dim PT1       As Long
	Dim PT2       As Long
	Dim LineBuff  As BytePtr
	Dim c         As Byte
	Dim cn        As Byte
	'オープンしているかチェック
	If RPLIOpenChk(hID)=0 Then
		RPLIErr("RPLIOpen("+Str$(hID)+",*) していません!","RPLineInput")
		Exit Sub
	End If
	'読込み処理
	RPLineInput=0
	PT1        =RPFPointer(hID)
	PT2        =RPFSize(hID)
	'----------------------------------
	For I=PT1 To RPFSize(hID)
		c =RPFData(hID)(I-1)
		cn=RPFData(hID)(I)
		If &h80<=c And c<=&h9f Then      '()
			I=I+1
		ElseIf &he0<=c And c<=&hff Then  '()
			I=I+1
		ElseIf c=&h0d And cn=&h0a Then   'c=CR & cn=LF
			PT2            =I
			RPFPointer(hID)=I+2
			Exit For
		ElseIf c=&h0a Then               'c=LF
			PT2            =I
			RPFPointer(hID)=I+1
			Exit For
		ElseIf c=&h00 Then               'c=00
			PT2            =-1
			RPFPointer(hID)=RPFSize(hID)
			I=-1
			Exit For
		EndIf
	Next I
	'
	If I>RPFSize(hID) Then
		PT2            =I+1
		RPFPointer(hID)=I
	EndIf
	'----------------------------------
	If PT1>=RPFSize(hID) Then Exit Function
	If PT2< 0            Then Exit Function
	'1行読込み
	RPLineInput=1
	LineBuff=calloc(PT2-PT1+1)
	memcpy(VarPtr(LineBuff(0)) As VoidPtr,(VarPtr(RPFData(hID)(0))+PT1-1) As VoidPtr,PT2-PT1)
	RPLine=MakeStr(LineBuff)
End Function
'■■■■■ エラー処理■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Sub RPLIErr(ErrMsg1 As String,ErrMsg2 As String)
	Dim I  As Long
	'メッセージの表示
	MessageBox(hMainWnd,ErrMsg1+Ex"\r\n"+"終了します。",ErrMsg2,MB_OK+MB_SYSTEMMODAL)
	'メモリ開放
	For I=1 To RPMaxFiles
		If RPLIOpenChk(I)=1 Then
			HeapFree(GetProcessHeap(),0,RPFData(I))
			RPLIOpenChk(I)=0
		End If
	Next I
	'終了
	SendMessage(hMainWnd,WM_CLOSE,0,0)
End Sub
'■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 下記ホームページでこのライブラリを使用した上記テストをしたプロジェクトを公開していますので お試しください。
    http://homepage3.nifty.com/ruttopapa/


通報する
ページトップ
   
期間内表示:  ソート  
新しいトピックを投稿する  トピックへ返信する  [ 1 件の記事 ] 

All times are UTC+09:00


オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[1人]


トピック投稿:  可
返信投稿:  可
記事編集: 不可
記事削除: 不可
ファイル添付: 不可

検索:
ページ移動:  
cron
Powered by phpBB® Forum Software © phpBB Limited
Japanese translation principally by KONISHI Yohsuke