ab.com コミュニティ

ActiveBasicを通したコミュニケーション
現在時刻 - 2017年9月25日(月) 20:44

All times are UTC+09:00




新しいトピックを投稿する  トピックへ返信する  [ 5 件の記事 ] 
作成者 メッセージ
 記事の件名: DOSプロント
投稿記事Posted: 2016年10月14日(金) 18:27 
オフライン

登録日時: 2016年9月24日(土) 15:35
記事: 62
DOSプロントで、windowサイズを変更できないようにするにはどうすればいいばしょう?


通報する
ページトップ
 記事の件名: Re: DOSプロント
投稿記事Posted: 2016年11月09日(水) 19:38 
オフライン

登録日時: 2006年2月05日(日) 17:10
記事: 189
住所: 東京都
引用:
DOSプロントで、windowサイズを変更できないようにするにはどうすればいいばしょう?
どういったことを実現したいのですか?
あまり必要性がないと私は思いますが。
DOSプロントでwindowサイズを変更できないようにする方法は私もよくわかりません(というかかなりめんどくさそうです)。

これは余談ですがRADで作成したノーマルウインドウならばサイズ変更枠⇔細枠(windowサイズを変更できない)の切替はプログラム実行中でも割と簡単にできます。


通報する
ページトップ
 記事の件名: Re: DOSプロント
投稿記事Posted: 2016年11月10日(木) 16:37 
オフライン

登録日時: 2016年9月24日(土) 15:35
記事: 62
ほかのOSではわかりませんが、私はWindows10を使っています。
プロントを表示して、多くの文字をそこに出力させると、windowサイズを変えるときに、文字がどこかへ飛んでしまうのです。


通報する
ページトップ
 記事の件名: Re: DOSプロント
投稿記事Posted: 2016年11月12日(土) 17:11 
オフライン

登録日時: 2005年5月31日(火) 17:59
記事: 895
住所: 東京都
あまりおすすめしませんが、一応可能です。
コード:
#console

Declare Function GetConsoleWindow Lib "kernel32.dll" () As HWND

Dim hwndConsole As HWND
hwndConsole = GetConsoleWindow()
Dim style As Long
style = GetWindowLong(hwndConsole, GWL_STYLE)
style = (style And Not (WS_THICKFRAME Or WS_MAXIMIZEBOX)) Or WS_DLGFRAME
SetWindowLong(hwndConsole, GWL_STYLE, style)
SetWindowPos(hwndConsole, NULL, 0, 0, 0, 0, SWP_NOMOVE Or SWP_NOSIZE Or SWP_NOZORDER Or SWP_FRAMECHANGED)

Print "テスト"
GetConsoleWindow()というAPI関数でDOSプロンプトのウィンドウハンドルが得られます。あとは、RADツールなど自分で作ったウィンドウと同様に、サイズ変更や最大化を許可しないようスタイル変更を行います。

あまりおすすめしない理由は、DOSプロンプトのウィンドウが自分の作ったプログラム以外とも共有して使うもの、つまり自分専用のものではないからです。command.comやcmd.exeなどからコマンドとして実行してもらう想定のプログラムを作る場合には、やらないほうが好ましいです。


通報する
ページトップ
 記事の件名: Re: DOSプロント
投稿記事Posted: 2016年11月13日(日) 11:07 
オフライン

登録日時: 2016年9月24日(土) 15:35
記事: 62
ご丁寧な説明ありがとうございます


通報する
ページトップ
期間内表示:  ソート  
新しいトピックを投稿する  トピックへ返信する  [ 5 件の記事 ] 

All times are UTC+09:00


オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[3人]


トピック投稿:  可
返信投稿:  可
記事編集: 不可
記事削除: 不可
ファイル添付: 不可

検索:
ページ移動:  
cron
Powered by phpBB® Forum Software © phpBB Limited
Japanese translation principally by KONISHI Yohsuke